JGC獲得への道 ②(ドイツ篇)

JGC獲得への道 ②(ドイツ篇)

こちらは2018年2月にドイツに行った際の記事になります(ほぼ日記です)

さる2017年10月、友人たちと2018年1-2月あたりに海外旅行に行こうか、という話になりました。行き先はいろんな候補のなかからドイツに決定。

この時点では個人的にJGC獲得を2018年に目指すかどうかは決めきれてなかったところもありましたが、そこで踏ん切りがついたのがこの旅行でもあります。

ちなみにその友人たちはJGCの存在すら知らないごく一般的なメンツですので、旅行については航空券とホテルだけ抑えてくれる安めのツアーで予約しようという流れになりました。個人的な希望としてJALと同じくワンワールド加盟の航空会社を利用するツアーであることを条件に探すことに。

結果、カタール航空

往路は東京→ドーハ→ミュンヘン

復路はフランクフルト→ドーハ→東京→伊丹

というプランになりました。

関西在住ですが往路は東京に行く用事がありましたので東京発となっています。

JAL便の場合はJALホームページからFOPの計算ができますが、こういったワンワールド加盟の国際線でFOPをがどれだけ貯まるかというのは計算が面倒なんですね。

ただFOP計算は基本は飛行距離のマイル数に関連しますので、Web flyerというサイトが便利です。

こちらでDeparting fromに出発する空港Then flying toに目的の空港or乗り継ぎ空港Add on toに次の到着地点を、

という形で入れていけばマイル数が出てきます。なお入れる文字は空港の英語三文字のコードになりますが、これは空港名でググればすぐに出てきます。

計算すると

羽田(HND)→ドーハ(DOH)→ミュンヘン(MUC)          7800マイル

フランクフルト(FRA)→ドーハ(DIG)→羽田(HND)      7980マイル

というマイル数になりました。

あとは座席の種類(エコノミーやビジネス)によって加算されるFOPが変わってくるのですが、FOP計算などは旅行前はしていませんでしたので、エコノミーは1倍と考えてこの時点で15000FOPくらいは貯まるんじゃないかな~という甘い気持ちで出発することになります、あとから考えると甘かったわけですが。

出発

羽田国際線ターミナルのカードラウンジで一服。オフシーズンでもありますので人は非常に少ない。長時間フライトになるのでシャワーを浴びつつまったり。

夜間フライトの前はラウンジでのシャワーは非常にさっぱりするのでおすすめです。人少ない。

羽田国際線より深夜に日本を出発。深夜便ですのでそこそこで眠りに落ち、気づけば朝。ドーハ空港に到着です。

ハブ空港であるドーハの有名なぬいぐるみ?

ここでの乗り継ぎ時間は2時間程度であり、特にラウンジなどは使用せず、比較的早めにミュンヘン行きの飛行機に乗り換えます。

 

そして5時間ほど飛行機に揺られ、ミュンヘンに到着。ヨーロッパに行くのは人生2回目で、ドイツは初めてとなります。初日は昼に到着だったので、ホテル到着後はミュンヘンの有名な美術館をめぐりました。しかし2月ということで普通に寒い。日本よりもやや寒い。

美しい。しかし寒かったです。

 

翌日は旅の一つの目的であるノイシュバンシュタイン城へ。

山の頂上にお城があるのですが、雪のためこの道がまあ歩きにくい。一応馬車のサービスもあるのですが、20分程度なので頑張って歩きました。ただこの馬車の馬どもの糞が道すがらに落ちていてこのウンコトラップには悩まされました笑

この日の天気は雪。雪と城とのコラボって、かなりよいです。ノイシュバンシュタイン城といえばディズニーのお城のモデルになったところで、独特の中世の雰囲気が素晴らしいお城でした。

翌日はミュンヘン市街の散策を。

こちらはマリエン広場とミュンヘン市庁。荘厳な建物です。というか公共の建物がこのレベルの建造物ってなかなかすごいですよね。

この日はお祭りやっててすごい人でした。コスプレしてる人が多く、ビールとソーセージを食べながらよくわからないものの一緒に盛り上がる。

テレビ局もきててコスプレおじさんたちがインタビューされてました笑

 

続いてフランクフルトへ。しかしこのフランクフルト、金融の都市というのは知っていましたが、ミュンヘンと違いかなり都会で観光名所もそんなに多くはなさそうでしたので、丸1日の予定を変更して電車を乗り継ぎローテンブルクへ。

ローテンブルクというのはロマンチック街道の一つで、中世の町並みが残る美しい街としてロマンチック街道の中でも白眉といわれています。

まんま中世、映画やゲームに出てきそうなロケーション。

ただただ美しい町並み。

オフシーズンなので殆ど人がおらず、中世の街を堪能しました。でも日本人が好きなスポットで有名みたいで、日本人旅行客の姿はちらほら。またお店でも日本の方が働いていたりしました笑 お土産にテディベア(シュタイフ)を買ったりして。

 

そしてフランクフルト空港から帰りの飛行機へ。格安ツアーだけあってドーハ空港への到着は0時過ぎで、東京行きの飛行機は7時出発という長時間待ちの乗り換えになりました。ラウンジ使用を試みるもお金が少しかかる(プライオリティ・パス保有なら無料ですが当時は持っていませんでした)し混んでるしで、結局ラウンジは使用せず、座席で寝つつ乗り換えました。しんどかった・・

そして羽田到着は夜中になるので、羽田空港直結のホテルに止まり翌朝の朝イチの伊丹行きの飛行機にのる予定でした。が、時差ボケで寝坊して国内線に乗り遅れるという痛恨のミスを侵しつつ笑、払い戻しをして新幹線で帰路へ。

 

さて帰国後航空券の座席を再度確認すると、行きはKクラス、帰りはNクラスでした。

ホームページから確認するとさすが格安便、FOPはKクラスは1/2、Nクラスにいたっては1/3になるようです。

ということで7800×1/2+7980×1/3=約6560FOPしか入らない計算でした・・後日JALのサイトで確認すると6307ptでした。誤差範囲、むむむしかし少ない・・サファイア会員かつJGCの資格である50000FOPってそんな甘いものではないな~というのを痛感したドイツ旅行になりました。いや、楽しかったですけどね。

・海外旅行の格安ツアーではFOPはそんなに貯まらない

・ドイツは楽しい

・JGC修行はそんなに甘いものではない

・帰国後の国内線乗り換えは時差ボケと気の緩みに注意

ということを学んだ旅行でした笑

累積FOP(2018年2月末)

6307FOP

ちなみにFOP単価換算については、ツアーで航空券と宿泊が一緒になってましたのですでに不明です笑