JGC獲得への道⑧(修行編、そして到達へ)

JGC獲得への道⑧(修行編、そして到達へ)

さて、JGCのための50000FOP到達のため、ポリシーに反してFOPのための旅行(いわゆる修行)をすることになってしまったわけですが、そのなかで伊丹発の7000FOPを貯めるプランを組んだのが前回の記事であります。

 

 

ということでなかなか12月に入ってしまうと週末は忘年会など予定が立て込んでしまうこともあり、11月後半に行ってきました!( ˘ω˘)

 

おさらいですが、伊丹発の一泊二日プランです。

 

1日目

伊丹→那覇 14:55出発 17:05着 クラスJ 特便割引    12060円  1656FOP
那覇→羽田 20:00出発   22:15着 クラスJ 特便割引     24190円      2072FOP
(羽田のファーストキャビンで一泊)
2日目
羽田→那覇 06:15出発    09:00着 クラスJ   特便割引    22390円      2072FOP

那覇→伊丹 12:05出発 14:00着 クラスJ 特便割引    12060円      1656FOP

これでFOPは7456たまるわけです。

 

まず伊丹から那覇へ。

乗りなれた伊丹空港から那覇行き。2時間程度の距離なので、読書しているとあっという間に到着。

一応乗り継ぎなので出口はでなくてもいいのですが、さすがに味気ないので一旦出ます。

17時の那覇空港。

那覇空港にくるのはこれが人生で二度目なのですが、到着ゲートのところで「めんそ~れおきなわ」と弾幕で祝われるものの前回のときのようなウキウキ感はありません。

どうせすぐ戻るしな・・というニヒルな笑みを浮かべながら、時間をどう潰すか考える。

関西はもう肌寒いですが、那覇は11月も後半といえど20度近い気温があってまさに本州とは別の気候です。

空港内は修学旅行生がワイワイしており、また結構みんな半袖で移動しており、長袖の自分はやや服装を間違えた気分でいながらも展望デッキに行ってみます。

こちらの展望デッキ、なんか寂れている・・

飛行機の景観もよくないし、ほとんど人いない・・

 

ということで、5分ほど黄昏てから少し早いですが晩御飯を食べることにします。

那覇空港といえば空港レストランなども色々ありますが、ここは修行僧御用達と言われている空港食堂へ。

 

一度行ってみたかったんですよね。

到着ゲートから右にいった、少し人目のつかないところにある空港食堂。

空港価格ではない値段の安さと美味しさで食べログでも評価が高く、修行僧も御用達らしい、ということで期待して入店。

ショーウィンドウの金額をみるとだいたい600円前後で、確かに安い・・!

また食べログ話題の店!みたいなシールも貼ってくれていて、誰でもウェルカムな雰囲気はでてました笑

 

ちなみに17時すぎということで人も殆どいませんでした。時間帯によってはCAさんや職員さんがいたりするというウワサもありましたが、行ったときは観光客やビジネスの方ばかりでした。

カウンターはご飯を食べながら漫画を読んでるサラリーマンの方が何人か座っていたので4人席へ1人で着席。

 

券売機でビールと沖縄名物のソーキそば(650円)を注文し、店員さんにお渡し。

しばらくして到着!

ソーキそばだ! これですよこれ!

ということで食べてみますと、普通に美味しい!( ˘ω˘)

スープも美味しくまた豚の角煮も肉厚で味付けもバッチリです。これぞソーキそば!って感じで、ほんとに650円でいいの?というコスパで、ビールがすすみます。

こりゃ翌日も空港食堂で食べんとな~と、心に決めます笑

 

その後時間の潰し方に悩み、お土産もどっちにしろ明日もまた来るしな~とのことで、結局は空港ラウンジ「ラウンジ  華 ~hana~」へ。

こちらのラウンジ華、入り口にも「かなり混み合っております」の注意書きが。以前も利用したことはありますが、空港の規模にあっていない席数の少なさが記憶にありました。

ただ目の前でサラリーマンの方が二人でてきたので、まあ座れるかな~?ということで入ってみると、混んでるものの席は十分にありました。ただパソコンなど作業のしやすそうな机付きの席は全て埋まっていましたが・・

 

那覇→羽田へ

ということでさらに時間を潰し、20時発の東京行きの便へ。

那覇から羽田も以外と2時間少しと、結構早いです。こちらも読書をしてコンソメスープを飲みつつ、あっというまに到着。

ここから羽田直結のファーストキャビンに泊まります。

事前にネットで予約してファーストクラスのルームを抑えておきました。ファーストクラスなんて偉そうにいっても6000円くらいですが(^_^;)

 

到着ゲートをでて歩いてすぐの所に入り口があります。さすがに利用されている方は多いですね。

カウンターでのチェックインを済ましてからこちらのドアから専用のキーをもらって中へ。

なお当日飛び込みで予約できるか確認している方も結構おられましたが、満席で断られてました。事前予約はやはりしたほうがよさそうです。

また翌日が6時15分発という早朝便のフライトなので、モーニングコールを依頼。

モーニングコールと行ってもスタッフのかたが直接部屋まできて起こしてくれるシステムらしいですが。

 

こちらがファーストクラスの部屋になります。

ベッドは固めですが、部屋の広さは十二分で、これまでカプセルホテルもそれなりに利用していましたがもう普通のビジネスホテルみたいなもんです(それはいいすぎ)

寝巻きについてもちゃんと用意してくれてますし、大浴場+シャワー室つきです。

お風呂にはいりながら早々に寝て、翌日に備えます笑

 

モーニングコールは5時半に依頼しており、目も覚めてはいましたがスタッフさんが声をかけてくれます。

鍵とかないシステムですから何気にビビります笑

そのままシャワーを浴びて(浴場のほかにシャワールームもある)チェックアウトし、6時少し前くらいに保安検査場へ。早朝なので空いており、那覇行きの飛行機に乗ります。

 

羽田→那覇→伊丹の復路

やや寝不足なので飛行機内は睡眠にあて、9時過ぎに再び那覇空港に到着。

めんそ~れおきなわ。沖縄は何度でも歓迎してくれます笑

そして再び空港食堂で朝ごはんを。

チャンプルー系を食べようと思ったんですが、券売機をみると点灯せず。。

どうも朝はそばと一部のメニューしかやっていないみたいで、これなら昨日の夜にチャンプルー系を食べとけばよかったな~とやや後悔しつつ、沖縄そばを注文。

沖縄そばはソーキそばの豚の角煮が入っていないverみたいな感じで、どっちか頼むならソーキそばだな~と思いつつ完食。

 

その後空港内のお土産屋さん空港限定の「ちゅら海の防人カレー」を買ったり、のんびりしながら時間を潰し、最後の12時発の伊丹行きの空港に乗って、14時過ぎに帰ってきました。

ちなみにこのプランでは昼過ぎに帰ってこれるので、以外と帰宅後も用事を済ますことができました。

丸々2日潰すというほどのこともなく、まずまずの日程だったかな~と思います。

 

さて、これで7400FOPほどゲットになり、ついに50000FOP以上に到達です!!長かった・・

 

今回の旅路の感想としては

・2日にわけて行っているので、思っていたよりも精神的な疲労は少なかった

・でも那覇空港での時間の潰し方は難しい。ラウンジ華は狭いし

・あるいは那覇で少し外にでれればもう少しリフレッシュになったかも?

・羽田のファーストキャビンはアクセス抜群!も寝心地はカプセル。

・そこまでしんどくはなかったけど、週末を何回か潰してこのプランを繰り返すのはさすがにキツい

といった感じです。

個人的にはこういう修行は一回までですね・・JGCの修行のブログとかで、1日に2-3回同じルートを往復を繰り返す方とかの精神力は尊敬に値します。

以前伊丹と但馬のシャトルをアホみたいに繰り返すひとのことを否定してたような記事を書いた気がしますが、一度自分が修行みたいなことをすると、そういった方法でもやり切れるひとはすごいと思えるようになりました(^_^;)

 

何はともあれ、

11月の合計FOP

JALグループ便  35214 + 7456 =  42670 FOP

その他の便           8124 FOP

合計           50798 FOP

ということで!

ついに!

50000FOP以上になりました。

やったーー!!

 

ツアーなども含めているので純粋なFOP単価はわかりませんが、決して効率のよい獲得ではなかったと思います。

用事に組み合わせてプラスアルファで到達といった感じでした。

 

実際獲得してJGC会員として今後年1万円の年会費を払うほどのメリットがあるのか、ということを考えだすと、おそらく見合わないような気もするんですが、上級会員資格を持っているいうことの優越感やステータスっていうのはプライスレスです←言い訳。